島根県松江市の相続した不動産売却について

Posted by

松江市の相続不動産の売却のご相談は株式会社LOCAL不動産にお気軽にご相談ください。

いまや高齢化社会を当たり前のように受け入れている私たちですが、その影響は不動産にも及んでいます。ちょっとイメージするだけでも諸々の問題が浮かび上がってきますが、なかでも相続に絡んで生じた不動産の所有権の問題は誰にも起こり得るといえるでしょう。

 

核家族化の進展に伴い、不動産を所有してそこに住むことが島根県松江市ではごく一般的なものとなっていましたが、これが先々のトラブルとなりかねないのです。例えば、親が持ち家に住んでいて、その子どもも自立して別の持ち家に住んでいる状況下、親が亡くなったとした場合、相続財産として親の不動産を手にしたとしても、そこに住む人がいなければ毎年の税金ばかりが徴収される負動産となってしまいます。しかも、人の手が加わらない不動産は老朽化が進行しやすいので、後々に住もうと思ってもかなりの修繕費がかかってしまい、その見積りに驚くことともなりかねません。こういった状況となったときに慌てて不動産を売却したいと考えても、島根県松江市という地域柄、場所によってはなかなか売れないままとなる可能性もあります。これらのリスクから逃れるには、後々のことを考えて前々から行動するしかありません。自分たちだけでは将来の見通しの精度に不安がある場合には、どうぞ気軽に弊社までご相談ください。これまで取り扱ってきた豊富な事例より、皆さまそれぞれに最適なご提案をさせていただきます。もちろん査定もいたしますので、先々を見据えながら、より具体的なイメージを持っていただくことにつながっていくだろうと思います。

 

そして、上記のようなリスクは“通常の相続”だった場合であることも忘れてはいけません。相続人が複数いて、その人々の関係性が相続財産としての不動産の取り扱いを難しくさせてしまうケースも少なくありません。相続人のうち誰かが不動産の売却に反対したような場合をイメージしてみてはいかがでしょうか。そして、そこに住み続けるのがその相続人の目的だったとしましょう。これだけでかなり売却は難しくなります。いろいろと解決の方法はあるかもしれませんが、もっともスムーズなのは相続が発生する前から、将来の不動産の取り扱いについて相続人同士でいくらか話し合いを持っておくとともに、不動産会社に売却時の見積もりを依頼するなどして具体的なイメージを共有しておく方法です。

 

これまでご紹介したような内容で不動産業者へ相談するのは大げさすぎるのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。ここまで相続をメインに取り上げてみた理由は、それだけ相続した不動産についてのご相談が弊社に数多く寄せられているためです。所有権絡みの売却相談をはじめ、知らなかった不動産が相続財産としてリストアップされた、将来の相続対策として不動産の取り扱いをどうすればいいのか、など様々なご相談をいただいておりますので、どうぞ気軽に弊社までご相談ください。お客さまそれぞれのご事情を勘案しつつ、親身になってご提案させていただきます。不動産の売却を成立させるには、地域のことを知った業者に相談するのがベターであり、そのような業者の一つである弊社へ是非、お気軽にご相談ください。皆さまの不動産がよりお客様のご希望に沿った形での売却が成立するように精一杯取り組ませていただきます。もちろんネットだけでなく、アナログ的に横のつながりも駆使しながら買い手を募っていますので、不動産売却の仲介は弊社へとお任せください。

 

最近は島根県松江市で売りに出されている不動産が県外の買い手に購入されるケースも多々あります。以前よりもこの傾向が目立っている背景には、きっと今日の景況感が大きく盛況しているのだろうと思いますが、2020年に控えているオリンピック経過後にはどうなるかはわかりません。一部では今日の好景気は需要を先取りしているためであり、オリンピックが終われば不況が到来するとの憶測も流れています。これがどうなるかは誰にもわかりませんが、少なくとも、景気が悪くなれば不動産の買い手は激減しますので、そのタイミングで売りに出そうと思っても余計に売れない、かなりの安値で買いたたかれるといったことにもなってしまいかねません。やはり、売りに出すときというのは確かなタイミングがあるものであるものと思います。多くの皆様にとって不動産売却も一生に一度あるかないかのイベントですから、それが成功するよう弊社が応援させていただきます。