住宅ローンを申し込む際の頭金の取り扱いについて

Posted by

今回のテーマは住宅ローンを申し込む際の頭金の取り扱いについてです。ご参考にしてみてください。

住宅ローンはマイホームを購入するのに欠かせない存在であり、各金融機関が住宅ローンのプロモーションを行っていると思います。

住宅ローンの申し込みを考えたとき、どうしても気になってしまうのが、頭金についてではないでしょうか。頭金とは、マイホームの購入時に自己資金として支払う金額のことであり、これが多ければ多いほど、先々の負担が小さい返済計画を組んでいくことができます。

<頭金はいくら用意しておけばいいのか>

実は、マイホームの購入時に頭金を用意しなければならないという考え方は、いくらか古臭い制度となってきています。昨今では物件購入価格の全額を割賦返済できる住宅ローンも多くありますので、これらの住宅ローンに申し込むことで頭金の金額自体はさほど気にしなくてもよくなります。

もちろん頭金があれば返済負担が軽くなるので、あるに越したことはありません。頭金の慣習的な目安としては、物件購入価格の2~3割ほどとされています。頭金は現状の貯蓄額そのものではなく、その後の生活充当資金や登記費用など諸費用を除いて考えなければならないので、諸々を考えたうえで自分の支払える頭金について把握するようにしましょう。不動産取得においては諸費用がかかりますので、どのような費用がどれくらいかかるのか、物件探しを仲介してもらう不動産業者に聞いてみることをおススメします。

<頭金がなくても住宅ローン審査は通る?>

日銀のマイナス金利政策によって、金融機関はお金を貸し出さなければなりませんので、住宅ローン自体が要件緩和されており、これからマイホームの購入を考えておられる方にとってはとても有利な状況となっています。

頭金がなくても住宅ローンに通るかどうか不安を覚えている人もいるでしょうが、住宅ローンの審査に通るかどうかは受けてみないとわかりませんので、まずは物件を決めて住宅ローンに申し込むところから始めてみましょう。住宅ローンに通りやすくなるコツとしては、複数の金融機関に申し込んでみる方法が挙げられます。A銀行で通らなかったとしても、B銀行では頭金なしで住宅ローンが借りられる、といった場合も珍しくありません。

この辺についても、マイホーム探しのパートナーである不動産業者にいろいろとご相談してみてはいかがでしょうか。