不動産売却を買取業者に依頼するメリット、デメリット

Posted by

不動産売却を買取業者に依頼するメリット、デメリットを解説いたします!

 

不動産売却をよりスピーディーに行いたいと希望しているときに魅力的に映るのが、買取業者へと依頼する方法です。不動産業者へ依頼するときに比べて異なったメリットが得られる反面、デメリットもありますので、それらを以下で確認していきます。

 

 

<買取業者へ依頼するメリット>

 

買取業者に不動産を買い取ってもらうメリットはいくつかありますが、大きく3つのメリットが得られます。

 

まず1つ目は、瑕疵担保責任が免除される点です。瑕疵担保責任とは、不動産を売却した後に隠れた不具合が露となったとき、売主の責任において修繕しなければならないことです。買取業者へと不動産売却した場合にはこの責任を負う必要がないので、瑕疵担保責任について不安を抱えているようであれば、後々のリスクを一切負わないことを最優先とするならば、買取業者へと依頼するといいでしょう。

 

次に挙げられるメリットは、売却までの時間がかからない点です。不動産業者へ依頼した場合、不動産業者が買主を探すまで待たなければなりませんし、不動産業者がセールスに力を入れていないようだと、ずっと売れないままという状況に陥ってしまう可能性もあります。しかし、買取業者へ依頼する場合は、買取業者自体が買主であるため、買主が現れるまで待つ必要がありません。時間的な目安として、買取業者へ依頼した場合、1週間から1カ月ほどで売却は完了します。

 

最後に、リフォームする必要がないというのも買取業者へ依頼する大きなメリットの一つとなります。売却時に必ずリフォームしなければならないわけでもありませんが、早急に買主を見つけたい場合、リフォームしたほうが売れやすくなります。リフォームの規模によってはかなり高額となるのは言うまでもなく、その工期を考慮しても、かなりの時間ロスは避けられません。

 

 

その他、買取業者へ不動産を売却するメリットとして考えられるのは、周囲に知られず不動産を売却できる点です。お住まいのエリアにもよりますが、地域社会はかなり狭く、ちょっとした情報がすぐに広まってしまうものです。例えば、不動産業者に物件売却の依頼をした結果、その不動産会社がタウン情報誌に広告を出し、あなたの不動産の買い手を募ったとしましょう。この広告を目にしたあなたの知り合いが、他の誰かにその情報を伝えることは十分に考えられます。住居が変わるなど、いずれバレることかもしれませんが、しばらくは不動産を売りに出していることを周囲に知られたくない場合には、買取業者へと依頼するといいでしょう。まだ居住している自宅内にたびたび見知らぬ第三者を内観者として迎え入れる必要もありません。

 

 

 

<買取業者へ依頼するデメリット>

 

買取業者へ不動産を売却する場合のデメリットとして避けられないのが、どうしても売却価格が割安となってしまうことです。買取業者が不動産を買い取る場合の価格は相場の7割ほどと言われています。この理由は、買取業者は買い取った不動産を売却した差益で運営されているためです。言い換えれば、買取業者は仕入れとして不動産を買い取っているのであり、その価格は仕入れ値となるため、売主の視点から見れば、相場よりも安い価格での売却となってしまうのです。

 

上記より、買取業者へ不動産売却を依頼する場合、売れやすい物件ほど損をする仕組みであると覚えておくのがおススメです。リフォームもいらない新築に近い物件ほど売れやすいのですから、不動産業者を介してスムーズに買主が見つかりやすいため、わざわざ安い価格で買取業者へ売り払ってしまう必要がありません。